松葉がにの山米 会社概要

   
松葉がにの山米トップ松葉がにの山米 会社概要ご利用ガイドお買い物かご会員登録/修正ご注文照会 ポイント照会
松葉がに
即日 松葉 水ガニ
松葉ガニかにみそ 子持ちガニみそ煮込み
のどぐろ漬け丼 せこ甲羅盛り
国産シーフードミックス タラの肝生姜煮
干物セット アジ煮干し
朝とれおまかせ鮮魚・魚介セット
メルマガ会員募集中!
とれたて〜セール情報などお買い得情報満載!
会員限定サービスもあり♪
メルマガご購読は→
こちら
ログイン 会員登録

商品検索
松葉がに
若松葉ガニ(水がに)
冷凍かに
かにみそ
鮮魚
朝とれお魚セット
魚卵・白子・肝
えび
たこ
いか
貝類
バーベキューセット
ほたるいか
海藻類・その他
鰻(うなぎ)
紅ズワイガニ
川ガニ(モクズガニ)
鮮魚(冷凍)
魚のあら
生鮮業務用コーナー
切身(冷凍)コーナー
お祝い事に!尾頭付き天然鯛の姿焼き
山陰の味覚!贈り物を探すなら!
干物
西京漬け
漬け丼
炊き込みご飯の素
浜坂ちくわ
乾物(わかめなど)
その他の加工品
同梱可能な【送料無料】商品はこちら
しそジュース
だし・粉末
ジビエ肉
農家のお米
冷凍業務用コーナー
アウトレットコーナー
メール便対応商品はコチラ
自然食品館
セール会場
その他


自然食品館
(2017年2月8日付)


松葉がに豆知識

松葉がに初競りの様子
  とタグについてなど


かにの食べ方・保存方法・賞味期限・解凍方法・茹で方・簡単レシピ

かにのさばき方

子持がにのさばき方

お店と浜坂の紹介

こだわり

特定商取引表記

業者様へ

お問い合わせ

社長の山本静夫です!! セリ場や仕事中は、表紙の写真のように厳しい社長ですが、お客様には親切・丁寧で、普段は横の写真のように優しく元気な社長です。

店長の山本浩一です!! 目利きが選んだ本当に美味しい魚介類をお届け致します。どうぞよろしくお願い致します。

店長 山本浩一


ご注文方法について

お支払方法について

配送方法について

同梱について

消費税・返品について

ポイントについて

仲買人の極意 かに料理大全
店長の浜坂寄り道 旨いもんめぐり
浜坂の蟹や魚の情報、その他何でも綴っていこうと思います!

松葉がに証明書

2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日

2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       


湯村温泉・朝野家旅館はこちら
 
 
会社紹介
 

当店についてのご案内ページです。

◆お店のご案内

お店の名前 有限会社 山米鮮魚
お店の概要
創業: 明治 お店のご案内
設立: 1983年9月
業務内容: 魚介類・加工品・みやげ物等の販売。
ホテル・旅館・民宿等への卸し。
水産会社への卸し。
魚介類の加工など。
代表取締役社長 山本静夫(3代目)
ホームページ担当者 山本浩一
所在地 〒669-6747 兵庫県美方郡新温泉町三谷224−1
TEL 0796−82−5028(代表)  0796−82−5030(インターネット通販)
FAX 0796−82−5029

◆山米近隣マップ

  

◆浜坂って?

地図

旧浜坂町は旧温泉町と合併して、平成17年10月より、新温泉町となりました。

旧浜坂町は兵庫県の日本海側の鳥取県よりにあります。

山陰海岸国立公園内にあり、天然記念物『但馬御火浦』を擁する景勝地で、日本の白砂青松100選のひとつ『浜坂県民サンビーチ』や岩礁、洞穴などの但馬海岸がある観光地です。

旧浜坂町は温泉地でもあり、県下で第一号の国民保養温泉地指定されています。湯量が豊富で一般家庭にも配湯され、その配湯戸数は日本一です。

『浜坂温泉』『七釜温泉』『二日市温泉』と泉質・泉温の異なる3つの天然温泉があり、総称して『浜坂温泉郷』と呼ばれています。

旧温泉町にも『夢千代日記』で有名な『湯村温泉』があります。98度の高温の湯が毎分470リットルも湧き出す中心の荒湯源泉では、この豊富な高温の湯をつかった温泉卵や大人数がつかることのできる足湯などが楽しめます。




浜坂温泉 七釜温泉 二日市温泉
泉質 Na,Ca塩化物泉 Na,Ca硫酸物泉 Na,Ca硫酸物泉
泉温 76℃ 49℃ 44℃
効能 神経痛、皮膚病、など 神経痛、皮膚病、など 神経痛、皮膚病、など
宿数 18 18


湯村温泉
泉質 炭酸水素塩泉
泉温 98℃
効能 リュウマチ、神経痛、など
宿数 22
浜坂町観光協会→こちら!   温泉町観光協会→こちら!


港は『浜坂港』『諸寄港』『居組港』と3つあり、毎朝せりでにぎわっています。

知る人ぞ知る浜坂港は『松葉がに』『ほたるいか』の水揚げ量が日本一で、かにのシーズンになると、とくに観光客でにぎわいます。

その他、名高い肉牛の素牛として全国的に認められている『但馬牛』も有名で、こと食材に関して大変恵まれた町です。 料理自慢のホテル・旅館・民宿も多くありますし、海・山・川もきれいですし、温泉もありますし、是非、新温泉町に遊びにいらっしゃってください。

また、当店は湯村温泉から日本海へ向かう県道47号線沿いにあります。下の写真の看板を目印にお近くへいらっしゃった際には、是非、お立ち寄りください。

◆当店から観光地等までの時間

JR浜坂駅

車で 2分

お店のご案内有限会社 山米
兵庫県美方郡新温泉町三谷224-1
TEL 0796-82-5030
FAX 0796-82-5029
E-mail kani@yamayone.com

七釜温泉

車で 4分

湯村温泉

車で10分

城崎温泉

車で40分

鳥取砂丘

車で40分

三朝温泉

車で90分

◆居組港

居組港 居組港

店から7・8分の場所にある居組港 (2001.5 撮影)

港は『浜坂港』『諸寄港』『居組港』と3つあり、それぞれ競りの開始時間をずらして競りが行われます。

◆アクセス 〜山米to新温泉町〜

車の場合
大阪から 約3時間50分 大阪〜(はまかぜ号)〜浜坂
京都から 約3時間30分 京都〜(きのさき号)〜城崎〜(山陰本線)〜浜坂
神戸から 約3時間20分 神戸〜(東海道・山陽本線新快)〜姫路〜(はまかぜ号)〜浜坂
姫路から 約2時間30分 姫路〜(はまかぜ号)〜浜坂

飛行機の場合
東京から 約2時間30分 羽田空港〜(ANAで70分)〜鳥取空港〜(連絡バス)〜鳥取駅〜(山陰本線)〜浜坂







店舗写真

かにのシーズンなると多くの観光客で当店もおおいににぎわいます。

毎年、遠くから足を運んでくださるお客様もいて、大変感謝しております。

創業100年!!


この道30年の3代目のこだわりの社長が、良いものを安く浜坂港から毎朝買い付けて、
なるべく安くお客様にご提供できるよう頑張っております。

また、お近くへいらっしゃった際には、是非当店へお立ち寄りください。







★底引き漁・旬もの魚介セール
予約受付中!


春はホタルイカ漁をしますので、日帰り漁となります。

鮮度が良い状態で手に入ります。

※入荷次第の出荷となります。(単体出荷となりますので、同梱はできません)


朝とれハタハタ(生)小サイズ 1kg

朝とれハタハタ(生) 
 小サイズ 1kg
【送料無料2160円】
朝とれドロエビ(生)1kg

朝とれドロエビ(生)1kg
【送料無料5000円】
朝とれ小ダコ

朝とれ小ダコ(生)1kg
【送料無料2160円】
※2セットご注文で500g増量!
朝とれドギ(生)1kg

朝とれドギ(生)1kg
【送料無料2200円】
朝とれ生ホタルイカ(生)1kg

朝とれ生ホタルイカ(生)1kg
【送料無料2800円】
朝とれ茹でホタルイカ(生)500g

朝とれ茹でホタルイカ(生)500g
【送料無料2800円】







新物 お刺身用冷凍ホタルイカも
予約開始!






〇1kg(500g×2P)

〇1kg(250g×4P)

〇900g(150g×6P)



↓  ↓  ↓  ↓







只今、ご予約承り中!



今が旬です!

なまこは旬である寒中の時期のものが肉厚で、
一番美味しいのです。

時期がずれると身が薄くなるので、
食べるなら今です!


↓  ↓  ↓  ↓








販売開始しました!

ネバネバ海藻 下処理済・アカモク



アカモクはホンダワラ科の海藻で、
春先のわずか2〜3週間ほどしかとれません。

火を通すと褐色から鮮やかな緑にかわります。
これをまな板などの上でとんとんとたたくとネバリが出てきます。

香りや味に癖がなく、ネバリとシャキシャキとした
歯ごたえを楽しめます。

ぬめりの成分はフコイダンで、ビタミンKや
ミネラル、ポリフェノールを豊富に含んでいます。


↓  ↓  ↓  ↓



松葉ガニ 産地直送

その日のとれたてを詰め合わせて産地直送致します!

テレビで紹介されためし友 ほたるいかこうじ漬け

ハタハタ漬け丼

和風だし



山陰海岸ジオパーク

コンビニ後払い 詳しくはこちら!

|松葉がにの山米トップページ会社概要ご利用ガイド特定商取引表記個人情報保護ポリシー
Copyright © 2017 yamayone All rights reserved .
毎日漁港へ目利き一筋!かにの山米